FC2ブログ

Entries

美人OL探偵旅行記~さよならギリシャの六日目~

旅行前は、ホテルを出発する11時まで、短いながらもフリータイムがあると聞いていて、
「う~ん…朝食を早めに摂れば、二時間ぐらいは時間取れるかぁ~。ホテルがちょっと観光地から離れてるのがネックだけど、一箇所ぐらいはまわれるかもな。となると、シンタグマ広場辺りに行って、ウインドーショッピングか、古代アゴラ、もしくはローマンアゴラ辺りのどこか行こうかなぁ~」
なんてwktkしてたもんだけれども、前日アクロポリスの夜景すら見る気力のなかった体調が、急激に良くなることもなく、観光なんてしている場合じゃなかった。
とりあえずホテルに併設されてる土産屋でちょっとした土産だけ買って、ひたすら部屋でじっとしてた。

それにしても、日本じゃスーパーとかコンビニとか自販機とか、夏でも比較的簡単に手に入るホット飲料(ペットボトル・缶コーヒー等)が手に入るけれど、海外じゃカフェに入る以外温かい飲み物を手に入れられないのは、いつも困るんだよね。
腹冷やしたくないんだよ、今の俺は。
あと、海外だとペットボトルの飲料っていうと、大抵水なのはどうなのだろうか。
ほら、俺って味のする飲料じゃないとダメな人じゃない?
ネタでなく、なんか水だけ飲んでると、体調が悪くなる。お茶とかなら平気なんだけれど、どういう理由か知らん。不便な体に生まれたもんだ。

で、そんなわけで、ひたすらオリンピック飛び込みを見ながら時間を過ごす。

そしてホテルに迎えに来たのは、最初に飛行場に迎えに来た日本人の現地ガイド。
どうもこの人は「飛行場←→アテネ」間専用のガイドみたい。
だけど別に出国手続きをしてくれるでもなく、ただ飛行場までバスに乗せて連れて行くだけだったよ。

ああ、あとさ、関西空港は遠くて不便不便言うけれども、
アテネの空港はさらに不便だったよ。
まあ、アテネの上空を飛行機が飛んでたら興ざめもするもんだけれど、それにしてもかなり遠かったよ。

そんなことはさておき、2時間ほど空港内で免税店などを巡り、再びエジプトへ向かう僕たち。
そしたらこの旅行中はずっとエジプト航空なんだけれども、CAがエジプトからアテネに来たときと同じ人で、顔を覚えていてくれたよ。

そして隣の列で座っていた恰幅のいいおばちゃんたちが、その自慢のお腹のせいでシートベルトが締まらずに大爆笑してた。
おばちゃんたち、お腹周りすげEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
さらに無事着陸すると、外人さんたちが拍手喝さい!
外人さん、ノリ違EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

そんな小さなイベントが起こりながら、エジプト着。
旅行最後の夜を過ごすのは、ナイル・ヒルトン。

P8130247.jpg
やっぱヒルトン違EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
P8130248.jpg
P8130249.jpg
P8130250.jpg
相変わらず、ここでも外のクラクションの音がけたたましかったけれど、眺めはこんなんだし。

なんかさ、ウェルカムサービスのチョコレートとかナッツとかあるのね?
ルームサービスで日本食とかもあるしさ。
もう、
俺みたいな低所得者が泊まってもいいんですか?本当にいいんですか!?
スーツにネクタイじゃないけれど、お見苦しくないですか!?

と不安に思うぐらい。
カードキーが使えなかったのはご愛嬌だよね?
というか、1,2度使うとカードキーが使用不可能になるのが仕様なんですか?
そんなドラクエ1仕様でいいんですか?


そのへんはさておき、最後の夕餉はディナークルーズでさ、
乗った船に、中国の団体客も乗っててね。
で、ディナーはブッフェ式で、白人や日本人はマナーよく一列になって料理を取ってたんだけど、
中国人順番関係NEEEEEEEE!!
船の人間や周りの客が注意しても、
「この料理をとれば席に戻る!」
「英語は分からん!!」

で押し通す。
中国人マナーNEEEEEEEEEEEEEEEE!!

あ、それと、うちらの現地ガイドは、一緒にクルーズ船に乗って、食事しててさ、
「あー、この人の食事代も、俺たちの旅行代金に含まれてるんだな~」
ってふと冷静に思ったんだけど、よくよく思い出してみたら、
中国人のガイドは、ディナークルーズが始まる前に船を降りてた。
でもね、うちらの現地ガイドは人の良さそうなおばちゃんだったけど、中国人の現地ガイドは、美人なチャンネーだったので、すごく羨ましかった。

クルーズの方は、その日結婚式だったという夫婦とその家族も乗り込んでいて、大盛況。
そーいやギザのときも、ホテルで結婚式をやってたんだけどさ、ウェディング形式だったね。
なんかね?エジプトでもウェディング形式が多いのかね?
というか、エジプトの伝統的な結婚式の形式ってどんなのかイメージないな…

ホテルに戻ってからは、もうすぐ閉店だけれども、ホテルの中庭にあったお店を見て回ったんだけど、
そこの店員、タバコは店の外にポイ捨て
うぉぉい!確かに頻繁に掃除してるから、すぐに綺麗になるだろうけれど、それはねぇだろ!!しかも客の目の前で!!

ポイ捨てされたゴミで溢れたエジプトの街が綺麗になることはないだろうと確信して部屋に戻る。
んで、「よしっ!今日こそ湯船に浸かるぞ!!」
と意気揚々と湯を張るんだけれど、
湯船が浅い!!
なんだ!?この浅さは!?30センチねーんじゃねーの!?
これってつまり、日本人は「肩までしっかり浸かりなさい!」って躾けられるけれど、
「HAHAHAHA!これだからJ●Pは!半身浴が健康にいいって言うのは世界じゃ常識だぜ!!HAHAHAHA!!」
ってことなんですか!?

P8140268.jpg
というわけで、またもシャワーしか浴びれず、夜景を撮るのでした。
で、
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://surumeneet.blog108.fc2.com/tb.php/370-ae3d9af3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

するめん

Author:するめん
日本一大きな山に生まれ変わりたい。

pixivってます→http://www.pixiv.net/member.php?id=4386899

ついたー、はじめたったー。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索