FC2ブログ

Entries

しゃっくりが止まらない。

そんなわけでね、サル2月6日の昼から2月8日の夜まで五竜とおみまでスキーに行ってたわけですよね?
最初は車でぶぃーんとかっ飛ばす予定だったのが、同乗者予定だったほぼ大阪の尼崎に移住している友人に、
「お前の運転は怖い」
と拒否られてしまって、渋々電車で移動するハメに…

でも、前向きに考えてみようよ。電車で白馬に向かうと言うことは、
JR大糸線クルー(゚∀゚)ー!!
あれですよ、きっと苺タソも通学で使っているであろうJR大糸線( ´Д`)ハァハァ…

よし!乗るよ!!俺、苺タソと一緒に大糸線に乗るよ!!
意気込んで路線を調べる。

ふむふむ、乗り換え含めて7時間か。
松本で小一時間ほど乗り換え時間があるな。それなら、松本で蕎麦でもがっつくかぁ。
そう考えていた時期が、私にもありました。

そんなわけでぇ~、当日15時の電車にゆらり揺られ、まずは大垣まで。
そして関ヶ原を興味津々に眺めつつ、したりなんかしちゃったりしてさぁ!

で、みんなの予想通り、まあ、色々乗り継いでね。
松本到着が20:20。
さぁ~て、あったかい蕎麦が俺は食べたいぞ~、と駅を捜し歩くと、
「営業は20時までです」
何でもう少し頑張らないんだ!!

俺、松本ってもっと都会だと思っていたよ・・・
そんなわけで、ガタガタ震えながら電車を待つこと小一時間。
翌朝のために用意したパンをここで消費することになってしまったが、ここであれするわけにもいかないので、気を取り直して、外人さんも一緒に乗る大糸線に乗り込む。
まー、スキーシーズンの終電と言うこともあって、まわりはスキー客ばっかり。
だからどうしたっ!?

悠々と座りながら、一緒に下校中、電車の中でいつの間にか寝てしまった苺が俺の肩にもたれかかる体温と重みを感じられる程度の軽い妄想に浸っていたら、電車はついに信濃木崎へ!
でもじっと外を眺めていたけど、田んぼに突っ込んでいる車は見かけなかったよ…( ´Д`)

そして、稲尾や海ノ口の駅に停まるたびにニヤニヤと不審者の如く笑うものの、すっかり夜のため木崎湖は街灯が浮かぶおかげでようやくそこが湖だと分かる程度にしか見えなかった。
縁川商店も閉店時間だったよ!!チクショウ!!

そんなわけで、俺の旅の目的もほぼ達成されたところで、神城駅に到着。
宿泊場所までの地図に「スパー」の文字があったので、
「そうだ、ここで晩飯を買っていこう!」
そう考えていた時期が、僕にもありました・・・

閉店時間過ぎてるー(゚∀゚)ー!!
チクショー!!!
なんだよ!スキーシーズンぐらい夜遅くやってたら客くるんじゃねーの!?
俺みたいなさ!!

そーいや、スキー旅行のときはあんまり遅くに出歩くことがなかったので、
「もしかして、22時過ぎてやってる店、ないんジャネーノ?俺、考え甘すぎたんジャネーノ!?」
と一抹の不安に駆られるものの、
スキー場でなんとか飲食店がまだやっていたので、救われた…。

とにかく腹が減っていたので、一番最初に見つけたピザをプッシュしている店に入ることにする。
でさ、みんなが考えるピザってどんな形?
俺は、大体丸い形を想像するんだけど、
出てきたのは四角いピザでした。
何!?長野ではこれがスタンダード!?
それとも俺が今まで食べてきた丸いピザはイレギュラー!?
でもま、腹が減ってるから気にしないぜ!!

とりあえず腹も膨れたところで、宿泊先の貸別荘へ、道に迷いながら到着。
まだ他のメンバーは到着していない。
部屋を確認すると、部屋は一階が風呂とトイレとリビングダイニング。
2階に二部屋あって、そこに二段ベッド!!
到着が一番最初なのをいいことに、二段ベッドの上を確保!!
ついでに深夜到着するであろうみんなの分の布団も用意。

したところで、東京からチンタラ車でやってきているやつらに電話。
『わいやけど』
なんかしらんが、第一声にエセ関西弁が聞こえてきたんやけど…
俺の関西弁をからかっていると言うのは理解したけど、俺は自分のことを「わい」と言ったことはない。

で、電話で「外観の写真を写メしてくれ」と頼まれてしまったので、
HI380015uru.jpg
送っておいた。

さて、お望みの外観の写真も送ったんだ!これで奴らも道に迷うまいて。
安心して二段ベッドの上段で眠る俺!
やってくるやつら!!
その音に敏感に起きる俺!!
安眠を!!俺の安眠を返せっ!!

さらに6時ごろに尼崎からの使者の電話によって再び妨げられる俺の安眠!!
返せ!俺の安眠を返せっ!!

てなところで、初日と言うか、もう二日目の朝にはなっているんだけど、終了。
さて、次は実際にスキーをするところからスタートしようかとも考えたけれども、
よく考えたら、ほんとにフツーにスキーするだけだから、書くことねーじゃん、ということに気がついたよ!!
さて、どうしよう!?

>ありっさの後ろにいるのは誰?
A.他のスキー客。

>信頼ゼロ。まぁしゃあねぇわな(笑)
ですよねー。

>トラ。可愛いじゃないですか。
ガオー
スポンサーサイト



0件のトラックバック

トラックバックURL
http://surumeneet.blog108.fc2.com/tb.php/472-00bae81b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

するめん

Author:するめん
日本一大きな山に生まれ変わりたい。

pixivってます→http://www.pixiv.net/member.php?id=4386899

ついたー、はじめたったー。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索